冬でしか出来ない事にチャレンジ!ウィンタースポーツのスタートガイド

ウィンタースポーツって何があるの?

スキーを始めるのに必要な物

スキーを始める為にはまず道具を揃える所から始めましょう。
道具には自分で調達する必要のある物と、レンタルで借りれる物がある為、注意が必要です。

まず自分で調達する必要のある物が「ファーストレイヤー(肌着)」、「セカンドレイヤー(フリース)」、「パンツ」、「トップレイヤー(レンタル可能な場合もある)」、「ニットキャップ等の頭部の防寒具」です。
衣類系の物は、一般的な衣料品店の物よりスポーツ用品店などの専門店で買える物の方が適しています。
肌着を選ぶ際は、綿製品の場合は汗を吸い体温を下げてしまい、ヒートテックの場合は汗を熱に変えて熱くし過ぎてしまう為、この2点以外を選びましょう。

「スキー板」や「ストック」、「ゴーグル」、「グローブ」辺りは基本的にレンタルが可能な為、無理に購入する必要はありません。
但し、レンタル道具については場所によっても異なる為、事前に確認をしておきましょう。

スキーが上達するコツ

スキー場についてスキーを始める際、早く斜面を滑りたい気持ちになりますが、初めての場合はまず平らな所でスキー板を履いた状態の動きに慣れましょう。
もちろんスキー板は雪上で滑る様になっている為、普段の動きは出来ません。
コツはストックを上手く使って両手足を交互に動かして進む事です。

平らな所での動きに慣れたら、次は斜面を登ってみましょう。
斜面と垂直では滑って上がれない為、体を水平にしたカニ歩きで登ります。

斜面を無事に登り終えたら、いよいよ実際に滑ってみましょう。
スキー板同士の先端が狭めるとスピードが出て、広めるとスピードを落とせます。
また、片方の足を少しだけ前に出して重心を掛けると方向転換が可能です。

始めたばかりの場合、思った以上のスピードや転んだ場合の事などに恐怖心が沸くかと思いますが、何回も滑って恐怖心を徐々に無くしていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る