冬でしか出来ない事にチャレンジ!ウィンタースポーツのスタートガイド

カッコよくスノーボードを乗りこなそう

スノーボードを始めるのに必要な物

スノーボードに必要な物は、基本的にはスキーと同じです。
ファーストレイヤー等は自分で調達する必要がありますし、スノーボード等はレンタルで賄う事も可能です。

但し、スノーボードはスキーよりも転倒する頻度が高い為、レイヤーやウェアを選ぶ際は「耐水性」と「透湿性」が優れた物を選ぶ様にしましょう。
耐水性とはそのままの意味で、転倒したり雪上に座り込んだ際に水がしみ込まないもので、耐水圧10,000mm以上の物が良いです。
透湿性とは運動した際に発生した汗を外に逃がす力の事で、透湿度5,000g以上の物が良いです。

また、スノーボードでジャンプをしようと思っている場合は、頭部を守るヘルメットもあった方が良いでしょう。

スノーボードはスキー以上に怪我をしやすいスポーツな為、道具選びは念入りに行いましょう。

スノーボードでカッコよく滑るワザ

スノーボードでゲレンデ内を動く際は、片方の足のみボードを装着して、もう片方の足で後ろを蹴って進みます。
まっすぐ進むコツは、極力ボードに近い位置を後ろに蹴る事です。そうする事で力が思わぬ方向に入り辛くなり、まっすぐ進みやすくなります。

斜面をまっすぐ滑り降りるポイントは、進みたい方向へまっすぐ向いて滑る事です。
スキーと違い、自分の体全体がかじ取りの全てとなりますので、姿勢を崩す等をすると途端に明後日の方向へ進んでしまいます。

また、減速や停止をする際は斜面と垂直になっているボードの向きを少し傾けるだけでOKです。
但し、角度をつけすぎると転倒してしまいますので、加減が大切になります。
もし転倒する際はお尻から転ぶ様にすると怪我をする可能性が低い為、転ぶ練習も欠かさず行いましょう。

スキーと同じく、スピードや転倒の恐怖心を払拭する事が上達への一歩と言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る