冬でしか出来ない事にチャレンジ!ウィンタースポーツのスタートガイド

みんなでスケートに挑戦しよう

スケートを始めるのに必要な物

スケートは自分で調達が必要なアイテムが少ない事も魅力の一つです。

スケートの際に自分で用意する物は「手袋」と「タオル」だけでOKです。
特に手袋は転倒時に氷やスケート靴で手を切る事故を防ぐ為に必ず用意をしましょう。
もちろん服装は冬に行くなら暖かい服装が良いですし、実はかなりの運動で汗をかく為、水分補給用の飲み物もあると良いです。

スケート場でレンタルが出来るものは、「スケート靴」の他に「プロテクター」があります。
プロの方が転んでいるシーンであまり痛がらない為、転んでも大丈夫と思われるかもしれませんが、氷の硬さは道路と同じぐらいあります。
転び方が上手ければ痛みは抑えれますが、初心者では難しいので素直にプロテクターもレンタルしましょう。

家族や友人などと行く際には、誰が人数分用意するかを話し合って決めておきましょう。

上手く滑る為のコツ

スケートで上手に滑る為には、まず立ち方を覚えましょう。
スケート場の縁にある手すりに掴まり、かかと同士をくっつけて、90度程度開くとまっすぐ立てる様になります。

次は歩き方をマスターしましょう。
90度の開きを維持したまま一歩ずつ歩いてみて、手すりから手を放しても安定して歩ける様になればOKです。

そしていよいよ滑る方法です。
スケートの滑り方は、まっすぐに滑るのではなく、ジグザグに滑ると考えて下さい。
片方ずつの足で、滑る足と氷を蹴る足を交互に動かして滑る形となります。
また、スケートは人との衝突事故が多い為、目線は足元ではなく前方を見る様にしましょう。

最後に止まり方は色々とありますが、「ハの字ブレーキ」という進行方向と反対方向に氷を蹴る動きが安定して止まれる為、おすすめです。

スケートは滑っている人の動きを間近で見やすい為、上手な人のテクニックを見て学ぶ事も大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る